2021年04月17日

第30回 Jr.グローブマッチ大会結果

2021年4月11日(日)春日井市総合体育館・柔道場で、
【第30回ジュニアグローブマッチ大会】
を開催いたしました。

今回は、18ジムから95選手(うち2選手は欠場)にエントリーいただきました。

コロナ禍における開催であっったため、無観客、セコンド人数制限、試合する選手以外はマスク着用、検温、アルコール消毒など、参加選手や参加ジム関係者には、ご不便をおかけいたしました。またライブ配信が上手く行かず、ご迷惑もおかけしましたが、真摯にご協力いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

大会開催にあたって苦労もありましたが、子ども達の頑張る姿を見ていると、開催して良かったと思います。挑戦することで失敗もありましたが、新たな発見もありました。

1階級ごとに一気に決勝まで行うのは、いいですね!試合順が分かりやすいですし、勝ち上がるストーリーが感じられる。上位を目指す選手にとってはスタミナも気力も必要ですが、その分強くなれる。

ライブ配信、前半は通信状況が悪く映像が途切れと途切れになってしまいましたが、後半はルーターの位置を変えることにより改善、なんとか見られるようになりました。実況解説をBRIDGE代表の中島さん、K-1やWBCムエタイのレフリーを務める水谷さんにやっていただき、話しっぷりはお見事でした。

クレイジーファイトクラブ佐藤凛選手は、4回目の優勝並びにベストテクニック賞獲得、おめでとうございます!佐藤選手はグローブマッチが大好きで、幼年の頃から出場し全階級で優勝すると宣言しておりましたが・・・ダメです(笑)。グローブマッチは初心者が出場しやすい大会を目指しているので、強い選手は卒業してもらい、BRIDGEなどもっと上のアマチュア大会に駆け上がり、将来は日本を代表するプロ選手になってほしいと願っています。
気持ちよくグローブマッチを卒業し、1つ上のステージに進めるようグローブマッチ卒業賞みたいなものを創設しようと考えていますのでお楽しみに!!

——————–
INSPIRE.S【1選手】
KANALOA-GYM【7選手】
■COMRADEGYM【3選手】
キック塾【3選手】
■クレイジーファイトクラブ【1選手】
Kstyle【21選手】
GETOVER【12選手】
JK TRIBE【4選手】
■TEAM KAMIKAZE【8選手】
中島道場【4選手】
名古屋JKファクトリー【1選手】
■新美道場【3選手】
西田キックボクシングジム【8選手】
B.F.A-SEED【1選手】
■B9 gym【5選手】
風吹ジム【5選手】
BLITZ【3選手】
ライジング己道会【5選手】
(敬称略、あいうえお順)
——————–

【大会結果】は以下のとおりです。

■モスキート級(リーグトーナメント3選手)
【優勝】丸石 羚逢(COMRADE GYM)

■スーパーモスキート級(トーナメント11選手)
【優勝】新美 莉瑚(新美道場)
【準優勝】平松 夢生(Kstyle)
【三位】河原 乙瑶(B9gym)

■フライ級(トーナメント18選手)
【優勝】佐藤 凛(クレイジーファイトクラブ)
【準優勝】村井 紫苑(KANALOA-GYM)
【三位】松下 琉翔(Kstyle)

■バンタム級(トーナメント25選手)
【優勝】河村 英明(名古屋JKファクトリー)
【準優勝】酒井 英新(Kstyle)
【三位】大島 匠翔(ライジング己道会)

■フェザー級(トーナメント13選手)
【優勝】服部 匠真(BFA-SEED)
【準優勝】新美 豪毅(新美道場)
【三位】モラダ 澪(ライジング己道会)

■ライト級(トーナメント19選手)
【優勝】檮木 海(中島道場)
【準優勝】小橋 武智代(TEAM KAMIKAZE)
【三位】佐藤 心温(キック塾)

■ウェルター級&ミドル級(トーナメント4選手)
【優勝】中川 透亜(西田キック)
【準優勝】北川 優心(西田キック)

■ヘビー級(ワンマッチトーナメント2選手)
【勝者】野畑 歩希(風吹ジム)

★ベストファイト賞
※今大会で最も気持ちの入った試合をした選手
服部 匠真(BFA-SEED)※フェザー級

★ベストテクニック賞
※今大会で最も華麗なテクニックを披露した選手
佐藤 凛(クレイジーファイトクラブ)※フライ級

★最優秀選手賞
※今大会で最も活躍し、輝いた選手
河村 英明(名古屋JKファクトリー)※バンタム級

★ベスト勝利ジム賞
※今大会で1番勝利ポイントが多かったジム
Kstyle(勝利ポイント17/準優勝2名,三位1名)

写真は、毎度おなじみシュートボクシング・キックボクシングなど格闘技界を中心に活躍するプロカメラマン佐藤毅さんに撮影していただきました。
どうぞ、以下のアドレスからダウンロードできます。
第30回Jr.グローブマッチ写真>>
パソコンやスマートフォンでダウンロードしてください。

Jr.グローブマッチは、
『格闘技がもっと好きになる』をテーマに
■安心・安全を確保し「初心者」「小さい子」「女子」に試合の場を提供すること
■大会を通じて成長し強くなり、さらに上のステージを目指す選手を増やすこと
を目的としています。

この目的を達成するために、子どもに負けじとJr.グローブマッチもいろいろと挑戦します。
Jr.グローブマッチで経験を積んで、
BRIDGEやストチャレ、ムエタイスーパーファイトなど
1つ上のアマチュア大会に駆け上がれ!!

次回は、2020年9月12日(日)
第31回Jr.グローブマッチ大会
(春日井市総合体育館・柔道場)
を開催します。

また次回もご期待下さい!!

第30回ジュニアグローブマッチ大会
produced by 風吹ジム 協力:BRIDGE
■大会会長:風吹館長
■大会総監督:岡本雅弘,北岡孝人
■実行委員長:松浦知希
■レフェリー・ジャッジ・コーナー担当:
白井眞,熊谷秋雄,雨宮栄治,脇田誠,野畑圭介,鈴木康之,木内祐太,野上祐太,山内慎司,竹野元稀
■リングアナ・インタビュアー:工藤純志
■影アナ・司会:丹羽淳一
■受付・記録・賞状:松浦千晴
■トーナメント書記,呼び出し他:野畑,山下,塚本,松崎,竹野
■ドクター:駒直樹(いなべ総合病院整形外科医長)
■カメラマン:佐藤タケシ
■ライブ配信実況解説:中島稔倫,水谷吉寿


カテゴリ:Jr.グローブマッチ|日時:2021年04月17日12:09|コメント(0)

コメント/トラックバック (0件)

【トラックバック用URL】

この記事のコメント・トラックバックのRSS »

まだコメントはありません。

コメントする




※管理人のみ公開されます。


使用できるXHTMLタグ:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

サイト内検索

Copyright © FubukiGym All Rights Reserved.

↑ページの
先頭へ戻る

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】