2016年03月15日

「ヤングシーザー杯セントラル#16」竹野元稀・山内慎司の試合結果(2016.03.14)

風吹ジムの2016年を占う、大一番!
「ヤングシーザー杯セントラル#16」
が豊川で開催されました。

IMG_6939

山内慎司は、
今回の試合が最後になるかもしれないと
自分で覚悟を決めての出場。

試合に向けて、プロにふさわしい十分な練習ができていた。
減量も見事なほど、勉強して、計画的にやってました。
プロ2戦目にして、風吹ジム1番、調整がうまいでしょう(笑)
まだいくつか試したい減量方法があるといい、
減量も楽しんでるたいした奴。

試合も落ち着いていました。
パンチも蹴りも力が抜けていた。
1ラウンドでは、蹴りをキャッチされ、
転ばされることがあったが、
すぐに修正、キャッチされないよう軽めの早い蹴りに。
(翼のナイスアドバイスのおかげ)

組んでは絞め技でキャッチポイントを獲得。
後半は、相手が疲れを見せたところで、
一気に攻めて、パンチのラッシュでダウン奪う!
そして最高の見せ場、敦仁選手が立ち上がるのを
コーナーで待ち、そこから走り込んで、
ジャンピングダブルボンバー
(なんじゃその技!!??笑)
見事2回目のダウンを奪う!

さらに、もう一度コーナーで相手が立ち上がるのを
待っていると、そこでゴング、試合終了!!!
惜しい!あと、10秒あれば・・・KO勝利だったかも。

神様のいじわる!
いや、またリングに戻って、
1番美味しい果実を取りに来い!
という山内へのメッセージですね!
分かりました神様!
山内慎司、必ずリングに戻ってきますので、
その時は、またご贔屓によろしくお願いします。

山内慎司vs敦仁(ARES)
3ラウンド:判定勝利

2Rにキャッチ1
3Rに2回ダウンを奪う

IMG_5768

さて、竹野元稀。
2015年は4勝1敗(1KO)の戦績、
今年は一気にベルトを狙うと
宣言して臨む2016年の第1戦。
相手は日本ランカーのニ田水選手、
燃えない訳がない!

私生活では、めでたく高校を卒業して、
すでに仕事もスタート、環境が変わり、
大変な時期だが、心配もよそに練習に打ち込んだ。
過去最高の練習量で、自信を持って試合に挑む!

高校の卒業式では、
彼女にバラの花束をみんなの前で
手渡したと聞き、
元稀のハートの強さを改めて思い知った(笑)

試合会場では、
みんながリングチェックをしている時に、
元稀だけ、秒数を計りながら、
裏口からリングまで歩き、
ロープをまたいで、入場の練習!
さすがプロ!演出にこだわります(笑)

さあ、ランカーに元稀の勢いが
どこまで通用するか注目の一戦!

1ラウンド目、作戦通り、積極的に攻める。
力まず、スピードもあり良い感じ。
以前に比べ、距離を保ちながら攻撃ができていた。
首相撲になっても、負けていないと感じていたが、
膝蹴りでは二田水選手の方が1枚上手、
結果的にはじわじわとボディーを効かされ、
削られていたようだ。

2ラウンド目も、元稀はパンチを中心に攻めるも
クリーンヒットはさせてもらえない。
少しずつ首相撲の展開が増えていく。
途中、二田水選手にドクターチェックが
入るも傷は浅く、試合再開。

3ラウンド目も、十分に動ける元稀、
攻撃の手を休めず、バックブローなどの大技も。
セコンドの自分もこれはもう勝ったと油断した。
「やりたい事、なんでもやってみろー」なんて。
結果、最後の30秒、二田水選手の逆襲にあい、本線ドロー。
この攻撃を想定し、なんとかしのげれば・・・。

延長戦も、元稀は最初から飛ばす!
4ラウンド目でも、
積極的に攻撃をしかけられるのは、
元稀の強さ!
スタミナがあり、気持ちが強い!

しかし、ここでもセコンドである
自分は勘違いしていた。
「二田水選手はバテている、
元稀の手数で押し切れる」と思ってた。

今考えれば、二田水選手は
スタミナをコントロールしながら戦える選手。
それが20戦のキャリアあり、ランカーであり、
40歳で現役を続けられるテクニック!
今ごろ、気がついた、遅!

中盤、元稀がラッシュに行った際に、
パンチで応戦され、リーチの差でクリーンヒットをもらってしまう。
なんとか取り返そうと、最後の最後まで、
攻め続けたが、取り返せず。
2-0の判定負け・・・・。

竹野元稀vsニ田水敏幸(NEXスポーツ)
3ラウンド+延長1ラウンド:判定負け

僅差・・・
だけど、これが二田水選手の勝ちパターンなのか。
ある人から、
「二田水選手の戦い方は、
ほぼ想定通りだよね、
もうちょっとなんとかしてあげられなかったの」
と。
コーチとして、グサ!
セコンドとして、グサ!
反省です。

判定負けを知った瞬間、元稀は大暴れ!
控室に戻っても、我を忘れて悔しさ爆発!!
それだけ、本気で、
この試合にかけてたということだな。
その気持も大事だ!
また頑張ろう。

負けた時こそ、自分を見つめ直し、
大きく成長するチャンス!
これが最後のチャンスかもしれない。
なぜなら、もう二度と負けないからねー!
良いこと言うな俺(笑)。

山内勝利!元稀残念賞!
2015年の9月とは逆パターンだね。

IMG_6959

これでBRIDGE、グローブマッチ、
ストチャレ、ヤングシーザー杯の4連戦終了。
しっかり振り返って、反省だ。
あ、俺もね。

応援団のみなさん、お疲れ様でした。
ARESのみなさん、素晴らしい大会をありがとうございました。
久しぶりにシーザー会長にもお会いし、喝をいれていただきました。
ありがとうございます。もっと頑張ります!
風吹ジムの先輩方も大活躍、ありがとうございました。
1914889_577604525731126_4669891623040067828_n

終わった後は、みんなで打ち上げ!
主役がいなくても、関係ないぜ!
12814670_1583454601980665_4834838103654932035_n


カテゴリ:大会結果,シュートボクシング,大会結果|タグ:,|日時:2016年03月15日21:32|コメント(0)

コメント/トラックバック (0件)

【トラックバック用URL】

この記事のコメント・トラックバックのRSS »

まだコメントはありません。

コメントする




※管理人のみ公開されます。


使用できるXHTMLタグ:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイト内検索

Copyright © FubukiGym All Rights Reserved.

↑ページの
先頭へ戻る

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】