2019年12月07日

「GROUND ZERO TOKYO 2019」竹野元稀vs大桑宏章の試合結果(2019.12.03)


自ら道を切り開く男・竹野元稀!
前回、花やしきで内藤凌太選手との激戦をKOで制し、
勢いに乗って、「GROUND ZERO」に出場させてくれとマイクアピール!

元稀のわがまま、いやいや熱い想いを聞き入れてもらい、
急遽、シュートボクシングのビックマッチ、
「GROUND ZERO」第1試合目に抜擢していただきました。

Sバンタム級リーグ戦の最後の試合。
そしてタイトルマッチへの最後の試練。
それをこの「GROUND ZERO」で!!!
最高のストーリー!

松浦も初めて東京ドームシティーホールに来ましたが、
素晴らしい会場、素晴らしい演出、素晴らしい盛り上がり!
今もっとも輝く選手だけが上がれる夢の舞台!

リングに向かう花道で、大きな会場を目の当たりにした
竹野元稀は・・・・・
興奮し、燃えたぎったそうです!!
大舞台になればなるほど、注目されればされるほど、力を発揮する男です!

積み重ねてきた練習が自信となり、
1R目からエネルギーが全開!
ワンツー、ボディー、アッパー、ヒザと迷いなく攻める!
そして、大桑選手もリーグ戦での逆転優勝を目指し、1ラウンドKO狙いの真っ向勝負!
お互い攻撃が交錯する面白い試合となりました。
2Rに顔面へのヒザがヒットし、見事KO勝利!!!

試合前のインタビューで、語った
「大会が盛り上がるように第1試合から大会に火を付けて大会を爆発させて、後ろの試合につなげたいと思います」
を有言実行、いい仕事をしました。


◎竹野元稀
(風吹ジム/Sバンタム級2位)
vs
✕大桑宏章
(シーザージム渋谷/Sバンタム級5位)
KO 2R2分15秒 ※左ヒザ蹴り
試合の詳細はSHOOTBOXING公式ページへ
写真©シュートボクシング協会

通算戦績:23戦15勝8敗(5KO)
※自身初の2連続KO勝利!
※自身初の5連勝!
※自身初のビックマッチ出場&勝利!

タイトルマッチをやるためだけに戦ってきた2019年
王座挑戦権をかけたリーグ戦で、
3戦3勝(2KO)とSバンタム級の上位ランカーを倒しました!
■二田水敏幸選手に判定勝利1P
■内藤凌太選手にダウンを奪っての3ラウンドKO勝利2.5P
■大桑宏章選手にダウンを奪っての2ラウンドKO勝利3.5P
合計7P、文句なしの優勝!
タイトルマッチへ道がつながりました。

2月は植山チャンピオンに別の試合が入っているとのこと。
それでは3月大阪大会で、ぜひタイトルマッチをやらせて下さい!!

植山選手と真っ向勝負で撃ち合います!
スリリングで、アグレッシで、最高に面白い試合になるはずです!

風吹ジムの選手が
シュートボクシングのタイトルに挑むのは、
なんと17年ぶり!!!
風吹館長にもう一度ベルトを見せたい!
風吹ジムみんなで、盛り上げましょう。
目指せ大応援団200人!


KOボーナス、いただきました!
ありがとうございます!!


試合後に大桑選手が控室に来てくれ、いろいろお話ししました。


今回は竹野心唯、竹野展生がセコンドで頑張りました。


心唯のために海人選手にサインをお願いする優しいお兄ちゃん!


いつも大会を支えてくれる歌代さんと服部さん、ありがとうございます!


カテゴリ:大会結果,シュートボクシング,大会結果|タグ:|日時:2019年12月07日11:38|コメント(0)

コメント/トラックバック (0件)

【トラックバック用URL】

この記事のコメント・トラックバックのRSS »

まだコメントはありません。

コメントする




※管理人のみ公開されます。


使用できるXHTMLタグ:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

サイト内検索

Copyright © FubukiGym All Rights Reserved.

↑ページの
先頭へ戻る

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】