2017年08月03日

[ヤングシーザー]元稀,山内,翼/[DEEPKICK]ケンジロウ/[DEEPNAGOYA]雅仁の試合結果(2017.07.16)

いやー、いまさらですが・・・
「SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #20」
「DEEP☆KICK 33」
「DEEPNAGOYA」
の試合結果です。

5-1

大西翼 VS 池田勉(TIA辻道場)

いろいろあった翼。
まずこのリングに立って試合ができることが嬉しい!
何か覚悟を決めた感じで、堂々としていた。

試合が始まると、焦らず冷静に、パンチからロー、ミドルなど自分の技を丁寧に出していく。
久しぶりのリングを楽しむ。
翼の攻撃の方が的確に相手を捉える。得意の足をひっかけてこかすなど、翼のペースに。しかしガードが低い翼は、威力のあるパンチをもらいヒヤッとする場面も。2R目にはキャッチでポイントをとる!

最終ラウンド前のセコンドで「安全に戦うか?」と聞くと、「いや、倒しに行きます!」と即答。
その通り、攻めまくり、パンチでダウンを奪う!
ゴングが打ち鳴らされたため、TKO勝利かと勘違いし、コーナーポストに登って雄叫び(笑)!
1発もらって倒されないかと、最後までセコンドをドキドキさせたが、文句なしの勝利!
地元で久しぶりに翼の喜ぶ姿が見られました。

判定勝利
通算戦績:4戦2勝2敗

8-1
2-2

山内慎司 VS 西川創太(志真会館)

今回試合をする選手の中で、1番厳しい試合になると予想されたのが山内慎司。しかし、3戦目とは思えない、落ち着いた動きで、相手に負けないテクニックを披露する。

力まずパンチが打てるようになったのは大きな進化!相手の強烈な右ミドルを受けながらも、下がらず左ストレート返す。得意の奥足ローも良かった!しかしポイントは劣勢。

最終ラウンド、山内の左ストレートで相手の腰が落ちた、惜しい、もうちょい!奥足ローも効かせていた。左ハイキックを出すなど最後の最後まで勝利を信じて攻めたが、惜しくも判定負け。
2分3Rは短かった。
もう少しやりたかった。

山内に「持っている実力はすべて出せたから悔いはないだろ?」と聞くと「半分も出せてないですよ」との答え。
あー、そうですか、では次回見せてもらいましょう、山内慎司の100%を!

判定負け
通算戦績:3戦1勝2敗

3-2
3-3

竹野元稀 VS 田渕神太(拳聖塾)

試合の前日、対戦を予定していた選手が交通事故で出場できないことに。試合がなくなることも覚悟した。しかし主催者のGSB坪井会長が対戦相手を見つけてくれる。

一旦は試合はできないと諦め、相手が見つかり試合ができることの喜び、対戦相手が変わったことへの戸惑い、勝って当たり前というプレッシャー、気持ちのコントロールが難しい状態で元稀はリングに立つ!

調子はもちろん悪くない、過去最高の竹野元稀であることは間違いない!それでも試合開始早々、パンチでダウンを奪われる!13戦目にして初のダウン。

あの植山選手のパンチをまともに食らっても倒れなかったのに。油断したわけではないと思うが。リングには魔物が住むということをまざまざと見せられる。

スリップ気味ではあったが足元がおぼつかない元稀は2回目のダウン!。投げでシュートポイントをとり返し、なんとか1R終了のゴングを聞く。

2R目、少しずつ元稀のペースになり、打撃がローキックは当たりだし、2回目のシュートポイント!最後はチョークスリーパーで相手がタップし、KO勝利!
本来なら打撃できっちりとお返し、ダウンを奪い、KOしたいとこだが、まず勝つことが絶対。良しとしましょう!
シュートボクシング協会森谷本部長から授かったキャッチコピー「尾張のスーパータフボーイ」は返上です(笑)

2R KO勝利
通算戦績:13戦7勝6敗(2KO)

4-1
4-2
4-3

奥山雅仁は
「DEEPNAGOYA」の前座に出場!

リングインした時の相手のシャドー・立ち振舞を見るとかなり強そうな雰囲気。
試合が始まっても、パンチのスピード、手数は相手の方が上。
やばいなーと思ったが、雅も怯むことなくパンチを返す。ボディーも交えながら、積極的に攻め、良いパンチが当たり相手の顔がゆがむと、そこへ見事な前蹴り!でダウンを奪う。見事KO勝利!
やったぜ、雅!自分が出場したいと志願しただけのことはある。
いつもと違う舞台での勝利は、さらに雅をやる気にさせるはず!
さあ、プロを目指して頑張ろう!
KO勝利(2R)
9-1
9-3

そして、同じ日に行われた
「DEEP☆KICK 33」
に出場したのは、
高橋ケンジロウこと、虔次郎!!

虔次郎 VS 田邊裕哉(京都野口ジム)

この試合は、63kg級王者決定トーナメントの準決勝!
チャンスが大きければ大きいほど、力を発揮するのがケンジロウ。
才能だけで闘ってきた男が、やっと練習するようになった(笑)

大阪のセコンドチーム、木内、潤也、隆真から入った報告は、
「ケンジロウ、ダウンを奪い勝ちました!」

おー、おー!!

スタミナが心配でしたが、3R目に左ハイキックを当てて、続けざまに左ストレートでダウンを奪うとはお見事!
ケンジロウのセンスに、スタミナと精神力が加われば鬼に金棒。
12月に大阪で、タイトルマッチ決定!!
ベルトがかかった試合に、ケンジロウがどれくらい強くなるのか楽しみだ。

判定勝利
通算戦績:5戦3勝2敗(2KO)

1-1
1-2

写真提供:服部隆明、上林庸介
ありがとうございます。
m(_ _)m

そして、ケンジロウが
8月6日(日)
Suk Wanchai MuayThai Super Fight
名古屋国際会議場イベントホール
に参戦!

20507695_1911865965691994_6596831071306101888_o

久しぶりに地元での試合!
肘ありルールでの試合!
みんなで応援に行くぞ!!!!

タイトルマッチに挑む男の強さを見せてくれケンジロウ!


カテゴリ:大会結果,シュートボクシング,大会結果|タグ:,,,,|日時:2017年08月03日18:41|コメント(0)

コメント/トラックバック (0件)

【トラックバック用URL】

この記事のコメント・トラックバックのRSS »

まだコメントはありません。

コメントする




※管理人のみ公開されます。


使用できるXHTMLタグ:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2020年11月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

サイト内検索

Copyright © FubukiGym All Rights Reserved.

↑ページの
先頭へ戻る

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】